沖縄でレンタカーを借りる!電気自動車のメリットデメリット

沖縄レンタカーを借りる際に、電気自動車を借りた場合どんなところに注意をすればいいのか? - 沖縄でドライブする際に気をつけること

沖縄でドライブする際に気をつけること

沖縄旅行の「足」はレンタカーが定番。
ドライブしやすいイメージがある沖縄の道路ですが、意外と沖縄特有の注意点もあります。
事故やトラブルなどに見舞われてしまったら旅行を楽しむどころではなくなってしまいます。
沖縄でのドライブの注意点を知って、安全で快適な旅を楽しみましょう。
■雨天時はスリップに注意
沖縄のアスファルト道路には石灰岩が含まれており、石灰岩は水に濡れるととても滑りやすくなるという性質があるのです。
雨の降り始めは特に滑りやすくなるので注意が必要です。
高速道路などの大きい道路は本土からの資材を使用しているので滑りにくいですが、特に市町村道など小さな道ほど沖縄の資材で作られているので、雨の日は車間距離を通常より空ける、スピードを落とすといった安全運転につとめましょう。
■バス専用レーンに注意
沖縄では区域や時間帯によって、バスしか通れないバス専用のレーン「バスレーン」があります。
これを知らず運悪く捕まってしまうと罰金6000円、減点一点が課されてしまいますので気をつけましょう。
■交通マナーに注意
沖縄のドライバーの交通マナーは独特と言われます。
それはウインカーを出さない車が多かったり、突然車線変更をする車が多かったりするためです。
ですので、沖縄でドライブをする際はそのようなことが起こることを念頭に置き、周囲の状況に十分注意を払うようにしましょう。
また、運転免許を取ったばかりの若者や日ごろ運転しなれていない人が沖縄でレンタカーを借りて運転することも多いので、運転慣れしたドライバーとは違う動きをする車が多いことを忘れないようにしましょう。
■注意さえ怠らなければ沖縄のドライブは楽しい!
こういった沖縄ならではの事情を知って、周りに注意を配りながら運転さえすれば、沖縄のドライブは非常に爽快。
海や山などの沖縄の美しい景色を眺めながらのドライブを楽しみましょう!

関連する記事